かたり・三味線教授いたします。
稽古場:千年文庫 八王子市戸吹町332-6
問い合わせ先 wata8tayu@gmail.com
お気軽にお問い合わせ下さい。出稽古可。

よみがえる説経祭文の夜 最終回 人生は執念

一番はらはらした第3夜が、一番爆笑の夜となりました。「泣き」しかできなかった説経祭文が、「笑い」を模索した今回の企画は、確かな手応えをいただいたと言えるでしょう。

先ずは、泣きから。「山椒太夫」通し狂言の最終回

f:id:wata8tayu:20171126124746j:plain

骨拾いの段(絵:山口愛

f:id:wata8tayu:20171126124759j:plain

鳴子曳き・親子対面の段(写真:人形浄瑠璃猿八座)

古典の良さも知っていただきつつ、でも、このままお帰りいただいては、夢を見るかもしれませんので、次は、笑っていただきましょう。という訳で、姜信子翻案による「犬道成寺」、数ある道成寺ものの新ジャンル。演じまするは即席の「山犬座」。

f:id:wata8tayu:20171126125426j:plain

「Wan珍」を追いかける「犬清姫

なぜ、犬なのか・・・妄犬即ち、姜信子の作品だからです。人形作者の「くまあやこ」氏は画犬といわれ、八太夫は既に山犬と化している。

f:id:wata8tayu:20171126125729j:plain

浄瑠璃の「日高川入相桜:天田堤の段」で、清姫が最初に出合う村人は、フクロウ。

f:id:wata8tayu:20171126130026j:plain

次に、ぶつかる飛脚は、カエル。

f:id:wata8tayu:20171126130122j:plain

清姫を幽霊扱いする修行僧は、タヌキ。

f:id:wata8tayu:20171126130219j:plain

渡し場のいじわる船頭は、サル。

f:id:wata8tayu:20171126130255j:plain

鐘に巻き付く龍女犬清姫。Wan珍は、焼き尽くされるが、実はそれで終わったわけでは無いと、この祭文は言う。なんと、結句は、「Wan  more  time」で大爆笑。この笑いは、どうも私の語りだけでは成り立たない。直前まで稽古した、この優しげな人形たちのお陰でありました。

姜信子作 今様祭文「犬道成寺」 初演

かたり 渡部八太夫

人形師 くまあやこ 

人形遣い くまあやこ 石橋迪子

道具・下座 姜信子

 

ギャラリービブリオのブログ記事もご覧下さい

d.hatena.ne.jp