稽古場:ゆやんたん文庫 奈良市敷島町
問い合わせ先 wata8tayu@gmail.com

東京百年芸能祭の三日間

ようやく、涼しく秋らしくなりました。山はキノコ盛りですが、百年芸能祭も益々増殖中です。東京百年芸能祭の粘菌がじわじわと日本を侵食するのでした。

第一日目は、2年ぶりの「ギャラリービブリオ」での「旅するカタリ」の開催でした。コロナを生き延びて、懐かしいお顔を拝見できただけでも、ひとつの奇跡かもと思いました。

百年芸能祭旗に合わせて、百年幟旗も出来ました。さらに、ビブリオのオーナー十松氏所有の牛頭天王半纏をお借りしての華やかな背景となりました。なにしろ、私の守護神ですから心強いこと極まりなし。

 さて、今回は、新作の「熊野之御本地」(ごすいでん)を仕込んで参りました。その後の説経に色濃い影響を与えた筋立てです。古代インドのマカダ国の王宮の話が、なんで熊野権現の本地なのか、まったく奇想天外な筋立てです。

 千人の后の中で、只一人お世継ぎをご懐妊された「ごすいでん」(五衰殿とも)、999人の恨みをかって、呪われます。その呪い方は、「五徳を被って蝋燭立てて」鬼となって五衰殿の館に夜な夜な現れ、雄叫びを上げるというもので、信徳丸の継母おすわの牛の刻参りの姿を思わせます。

 ごすいでんは、正妻らの陰謀により追放され、山奥で王子を出産、その後処刑されますが、信心していた十一面観音・観音経の功徳によって、王子は生き残ります。

 やがて、十三歳になった王子の枕元に母が立ち、「私の首が五衰殿の床下に埋まってるので、掘り出して供養してくれ」というのでした。

 詳細ははぶきますが、首は掘り出され、なんと、ごすいでんは、生き返ります。

床下に埋まってるとか、蘇生するとかというのは、「安倍清明」の話に共通しています。

 喜んだ王様は、999人の后を捨て、親子三人と共人を連れて、飛車にのって、東の方向へと飛び去ります。そうして着いたところが、熊野だという話です。

えっ?まじ?それでいいの?という結末です。

youtu.be

後半は、口先案内姜信子の解説に導かれて現代詩を語りました。この百年に起きた事柄を「記憶」させるための歌たちです。

標準語励行の歌。うたまたひとつ。ほねのうたう。腰まで泥まみれ。

百年芸能祭テーマソング「No Human No Cry」

特に、久しぶりに語った金時鐘氏の「うたまたひとつ」をのせておきます。

うたまたひとつ 金時鐘 - YouTube

 

二日目の日中は、三鷹学童保育「げんこつ組」でピアノ解体バラバラショーのお手伝い。三味線体験もほんの少し。それから、駒込に移動して、夜は、東京琉球館主催の百年芸能祭が開催されました。

第一部は、石牟礼道子苦海浄土から「草の親」。

じょろり 草の親 (ミルク飲み人形) - YouTube

第二部は、仕切り直して、チンドンから賑やかに。これは、予祝。この日は、ピヨピヨ団として、以下の曲目をお送りいたしました。

標準語励行の歌。千金丹口上。死ぬふりだけでやめとけや。水をくれ。調律。チンライ節・酋長の娘。鷲ぬ鳥・デンサー節。No Human No cry。

名調子の二題を以下のリンクからお聴き下さい。

千金丹(香川の薬売り口上) - YouTube

鷲ぬ鳥・デンサー節 - YouTube

打ち上げも盛況で、ありがとうございました。皆さん、終電に間に合いましたか???

 

三日目は、八王子です。辛淑玉さんの旗振りで、こぎつねの家のスタッフさんたちが手伝っての手作り百年芸能祭。手作りお弁当が本当に美味しかったです。ありがとうございました。

第一部は、市川幸平さんの紙芝居「人生ラムネ」。応援、末森英機さん。主人公のお姉さんにもきていだき、良かったです。認知症への対応は、人ごとではない。とても、ニコニコしてられない。それより、自分がそろそろあぶない・・・

第二部は、辛淑玉(シン・スゴ)さんVSピヨピヨ団。百年の記憶を刻見込む時間。

十五円五十銭。標準語励行の歌。星めぐり(末森英機)。関東大震災関連民謡メドレー。ベラチャオ(佐藤直子)。ヤルミウン・サラム(辛淑玉・姜信子)。東京こぎつね娘。調律.。No Human No Cry。 

特に、関東大震災関連民謡メドレーは、3月の東京現地研修の時に歌った供養メドレーで、震災後の虐殺事件の被害者達のお国の歌を歌って供養するものです。これぞ、躍り供養。

youtu.be

また、ピヨピヨ団が毎回、百年芸能祭で、必ず歌う歌があります。その一つは、

韓国のハン・ドルが作詞作曲した「調律」という曲です。翻訳、姜信子。「お休み中の神様」に、「この世の中を調律し直してください。」と頼む歌です。ピヨピヨ団が、騒いで、神様をおこしてやるという意味も込めます。

調律(조율) - YouTube

そうして、おいて、「世界はかわるはず」「世界をかえてやる」と絶叫するのが、ボブ・マーリーの「No Woman No Cry」の替え歌。「No Human No Cry」(作詞:姜信子)です。

No Human No Cry - YouTube

 

東京での百年芸能祭を支えてくれた皆皆様、ご来場いただいた方々、ありがとうございました。「また、来年も」の声に元気をいただいて、百年芸能粘菌をばらまいていきたいと思います。今回はかなり濃厚感染者が発生した模様。感染者は、以下のステッカーを目立つところに貼ってください。

 

衝撃の乾真裕子個展「玉繭」


美術を評する力は私には勿論無いが、乾真裕子の作品は私には、肉弾的パフォーマンスとして、美術というより芸能に見える。上の写真も作者自身の変態である。

 彼女は最初、「葛の葉」について聞きたいと尋ねてこられた。その時には「竹取物語」という奇妙な映像作品とともに現れた。「私は、月には帰らない」というのである。そして次の作品「葛の葉」が映像化された。これは卒業作品だったので、今年の春頃の話である。そして、今回の個展の直前に、また現れた。どうやら、悩んでいるらしい。9月の個展なのに、8月の中旬のことだ。映像は海外で撮り終えていたが、悩みは、母方の高祖父「曽和義弌」氏のとんでもない著書「日本神道の革命」(1961年)のことだった。神の系図としては、天皇制を否定し、万世一系を否定する真っ当な内容だが、乾真裕子が立ち向かっている課題と真っ向するような「家父長制」と男尊女卑が声高なのである。そのほかにも、個展で取り上げようかと考えている候補がふたつぐらいあって、どうするか迷っているとのことだった。そこで、「今日の話の中で、一族の義弌さんが希有で一番面白いし、避けては通れないのでは?」と、答えた。

結果の一部がこうである。異議ありテキストを絹糸で、縛り付けた?のか、いや、包み込んで、「繭」に戻し、新たな『変態』の機会を与えるのか?・・・その上、自身のパフォーマンスは、このテキストを音読し、異議あり部分では繭玉を口に含んで、もごもごと読むのである。魚の餌に使う、さなぎ粉の臭いを知っている方は、想像がつくとかもしれないが、思わず吐き気がするのである。こみあげるものを押さえながら、抗議の音読をする。なんという決死のパフォーマンスだろうか。ただ者ではない。

 そのパフォーマンスへの返歌は、「ふゆじどん」である。「ふゆじ」とは、熊本方言で、「なまけもの」みたいな意味である。しかし、石牟礼道子の言うところの「ふゆじどん」とは、社会的効率になんの寄与もしない存在が、神の如くに尊く、いや神とは本来、蛭子(恵比寿)のように五体不満足なものなのだという逆説なのである。

だから、苦海浄土の神々の村には、胎児性水俣病の肢体不自由児がいる。そして、ここにいる「玉繭」とは、一種の奇形であり、絹の効率性の外にある存在である。

 ただ、ひとつ残念なのが、この個展で飾られた「繭」が、純白の繭であったことだ。この純白は、近代日本をのひとつの象徴である。ここに、養殖種ではない、つまり資本主義の外に存在する、黄色い山繭が居てしかるべきだろう。

youtu.be

動画撮影:掘蓮太郎

次は、いったい何をやらかすのか、楽しみだ。

eukaryote.jp

百年芸能ゲリラ IN 東京 10月

10月は東京を襲撃いたします。

第一日目 10月27日 旅するカタリ

東京国立 ギャラリ-ビブリオ 19:00開演 要予約

第二日目 10月28日(土) ケセランはちらん

午後1時から 三鷹市野崎 スペースはちのこ チンドン訪問

夜は、

東京駒込 東京琉球館 19:00開演  要予約  

 

第三日目 10月29日

ケセランはちらん 東京八王子 

12月予告

 

12月23日(土)東京千歳烏山 LIVE BAR TUBO 百年芸能祭 19:00から  

         中川五郎 & 旅するカタリ

12月24日(日)東京西荻窪 忘日舎 百年芸能祭 14:00から

         旅するカタリ

 

2023年9月2日 百年大芸能祭開催

「いのちはびこる」粘菌的増殖が一段と活況を帯びた。そんな一日だった。

朝、七時には奈良を出発。なにがあるか分からないから余裕をもって出かけたが、8時には「いくのパーク」に着いてしまう。プログラムに無いあることをどうしてもしなければならないので、気が急いていたのだが、余裕たっぷり。それというのは、中庭に祭壇を仮設して、「カミ降ろし」ならびに「百年供養」を行うことだった。山伏的には、どうしてもそれだけは、しておかないとならない。

2023.9.2 イクパ朝法要 - YouTube

猪飼野の土地神さん、主役の恵比寿さんと、勧請して、今度は供養であるが、これは、なにも「関東大震災」に限ったことではない。我々百年芸能祭の存在意義は、近代国家の犠牲者達を弔うことである。それはまた、人間だけにかぎらない。「奉一切有為法躍供養也」(いっさいういほうおどりくようたてまつるなり)それが、これから先の百年のあり方を決めるからである。

 

図書室内の開会の様子。最初のプログラムはピヨピヨ団団長による詩の朗読。左側の四阿の中には、祭壇を設置し、屋敷妙子の立体作品「記憶の森」が展示された。

午前中は、図書室で、劇団ENの朗読劇「証言集」、伴戸千雅子・ヤンジャ・ゴードンらによる身体表現「百年の発音」が行われたが、準備などなどであわただしく落ち着いて鑑賞することはできなかった。

昼休みをはさんで、会場は大変な状況に・・・・来場想定数100名を遙かに超えて、もう延べ入場者数は180名を越えている。実は、入場の恵比寿ワッペンは、100枚しか用意しておらず、予備は20枚たらず。集まっても、仲間内ぐらいかねえ・・・が大方の予想だったが・・・どうしたわけか?どこで聞きつけてきたのか?・・・保育園らしき園児たちまでも沢山やってきた。なんと、最終の延べ来場者数は約230名。こんなに粘菌があつまるなんて、ビックリ仰天。

第二部は、多目的室が会場である。

プログラムは以下の通り。公開できる映像は、ユーチューブでご覧ください。もう、説明のしようも必要もない。はびこる粘菌たちの増殖ぶりを御覧ください。

百年大芸能祭 浄瑠璃「鴨居」 20230902 - YouTube

百年大芸能祭 ウコウク 20230902 - YouTube

ナマステ楽団+牧瀬茜 (※横断幕に絵を描いていただきました。ありがとうございました。)

百年大芸能祭 福田佳明 八重山民謡 20230902 - YouTube

百年大芸能祭 廣石雅信 20230902 - YouTube

百年大芸能祭 松田くばく 20230902 - YouTube

百年大芸能祭 豊島由香 正信偈 20230902170327 - YouTube

百年大芸能祭 ソーラン節 20230902 - YouTube

百年大芸能祭 死ぬふりだけでやめとけや 20230902 - YouTube

百年大芸能祭 アカリトバリ 20230902 - YouTube

百年大芸能祭 横Ching 20230902 - YouTube

百年大芸能祭 白花びらのブルース 20230902 - YouTube

百年大芸能祭 No Human No Cry 20230902 - YouTube

 

中川五郎 百年を歌う

「1923年福田村の虐殺」

「真新しい名刺」

「トーキング烏山神社の椎ノ木ブルース」

 関東大震災朝鮮人差別三部作を続けて、一気に歌いきった!!!!

凄すぎる大先輩にリスペクト!!!!

そして、最後は、

百年大芸能祭 おしまいのウポポ (神返し)20230902 - YouTube

最後の最後が本当に凄いので、最後まで観てくださいね。

百年芸能祭の課題:2123年まで百年間続けること

いよいよ百年大芸能祭開催日近づく

さあ、いよいよです。百年芸能祭の狼煙が各地で上がっています。奈良の天理でもあげてきました。「十五円五十銭」を語り継げ。

youtu.be

百年大芸能祭 2023年9月2日(土)     

      於 生野パーク

 

はびこる百年芸能粘菌 in 高槻

東海道本線高槻の駅前に「南風楽天」というお店がある。演奏していると、電車が通っていくのが見える。ここで、百年芸能祭が行われた。呼びかけ人は、横ちんこと横江邦彦氏。以前、松田くばくさんとのコンビで、京都のパラダイスガレージで百年芸能祭を開いていただいた。今回は、仲間に入れていただき、三人でライブをすることになって、大変嬉しかった。それぞれの持ち味が、よく顕れて面白いライブだった。それに、伴戸千雅子さんの「まれびと」が加わり、さらに、予祝芸の辻野さんが駆り出されて、益々、粘菌的芸能祭に拍車がかかった。

 トップバッターは、松田くばく氏。可愛い歌が歌えてうらやましい。今回は、「こっぱみじんこ」を紹介いたします。

youtu.be

二番手は八太夫。9月2日の生野パーク百年大芸能祭では、やらないので、ここで、関東大震災朝鮮人虐殺事件「十五円五十銭」を語ることにしました。

youtu.be

大切りは、横江邦彦氏。重厚な「大虐殺のバラード」を熱唱。

youtu.be

最後に、三人でセッションしましたが、特に気に入っているのは、「祈り(光と影)」という曲です。これは、生野パークでもやります。

youtu.be

暑い、熱い、夏、2023年。もうすぐ、百回目の9月1日が来ます。